FUJI-ZONE

2007年08月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2007/08/30
雑学(1)……英米小史] イギリス小史(3)
2007/08/29
身辺雑記] 世界陸上、女子100メートルの勝敗を分けたのはコレだった。
2007/08/29
雑学(1)……英米小史] イギリス小史(2)
2007/08/28
生業雑記] やっぱり日本はクセになる!―ラテン男ファン・ボルガの痛快ニッポン滞在記
2007/08/27
雑学(1)……英米小史] イギリス小史(1)

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[雑学(1)……英米小史] イギリス小史(3)

5 バイキングによる王朝(デーン王朝)9世紀なかばころから、ユトランド半島(現デンマーク)やスカンジナビア半島に住んでいたゲルマン系のバイキング(イングランドでは「デーン人」、ヨーロッパ大陸では「ノルマン人(北方の人の意)』と呼ぶ)がヨーロッパ各地に大移動を始める。その波はイングランドにも押し寄せ、すさまじい攻撃力によって、9世紀後半にはイングランド東北部を支配した。ウェセックス王のアルフレッドは、...

 概要:[身辺雑記] 世界陸上、女子100メートルの勝敗を分けたのはコレだった。

世界陸上での、女子100メートルは、微妙だった。1位と2位が、同タイム。写真判定でも、判然としない。でも、目を凝らすと、なるほどと納得。ご承知のように、ゴール判定は、胸がゴールラインを超えたところできまる。となると、たしかに、1位の選手のほうが、2位の選手より、胸が前にあった。足は、2位の選手のほうが前にあったにもかかわらず。勝敗の決め手は、2つあった。1位の選手は、2位の選手より、バストのカップ...

 概要:[雑学(1)……英米小史] イギリス小史(2)

3 アングロ・サクソンの渡来ローマ帝国による支配が終焉すると、台頭してきたのがスコット人だった。スコット人の迫害を恐れたウェールズやコーンワル半島のブリトン人は、大陸に渡りブルターニュ(「ブリトン人の地」という意味)に住みつき、そこは「大ブリテン」に対して「小ブリテン」と呼ばれるようになる。5世紀なかば、もともとはドイツ西北部に住み、ゲルマン民族の一派であるアングロ・サクソン人の軍団が大挙して押し寄...

 概要:[生業雑記] やっぱり日本はクセになる!―ラテン男ファン・ボルガの痛快ニッポン滞在記

異文化のなかを生きる知恵とコツがわかっちゃう。グロバール化もへっちゃら!世界をまたにかける神経が身に付く本です!ちょっと、まじめなことをいえば、翻訳が素晴らしいんです。文章のリズム(ライターとしていわせてもらえば、文体にリズム感をもたせる人ってのは、ほんとうに力量のある人なんですよね)、日本語の選択、たとえば、他人の歌を自分のものにする、といった言い方があるでしょ。翻訳者は、まさに、作品を自分のも...

 概要:[雑学(1)……英米小史] イギリス小史(1)

イギリスの正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」という。イギリスは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドが連合することで成り立っている。だから、イギリス=イングランドではない。たとえば、イギリス人全体をさすよう場合は、「ブリティッシュ」というのが正しい。1 ケルト人の定住ブリテン諸島で発見されている最古の人類の化石(旧人類)は、今から約25~20万年前のもので旧...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。