FUJI-ZONE

2007年10月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2007/10/31
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(34)ブラジャーとブルマーの始まりは?
2007/10/30
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(33) 嫌いな人もいる(!?)ウイスキーの語源
2007/10/30
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(32) タバコはタバコにあらず!?
2007/10/26
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(31)出歯亀・ピーピングトムの語源
2007/10/26
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(30)花札誕生のいきさつ
2007/10/24
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(29)トランプは東洋が起源
2007/10/23
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(28)ジャズ・レコード第1号のスィングできない事情
2007/10/19
プロフィール] Introduction
2007/10/19
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(27)映画主題歌第1号
2007/10/16
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(26)米国人女性を虜にした邦人
2007/10/16
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(25) 未公認・初ジェット飛行
2007/10/14
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(23)国産機初飛行はいつ?
2007/10/12
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(22) とんでるナース!?
2007/10/11
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(21) アイシャドーは古い
2007/10/09
身辺雑記] 知っておくと便利なhtmlタグ
2007/10/08
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(21)日本人全選手が途中棄権したオリンピック大会
2007/10/07
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(20)ミス・コンは「ミス」ではじまった!?
2007/10/06
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(19)「アソコ」に御用心
2007/10/06
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(18)魚も性交する!
2007/10/05
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(17)陰嚢から睾丸ならぬ胎児が出てきた!?
2007/10/04
身辺雑記] 倉吉市長vs厚労相、「寄り切り」で倉吉市長の勝ち!
2007/10/04
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(16)古代ローマの男たちは脱毛がお好き
2007/10/03
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(15)巨チンは永遠に不滅です!
2007/10/02
雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(14)キスは口ほどにものをいう!?
2007/10/01
身辺雑記] 幕の内に、貧乏くじに、尻ぬぐい!?
2007/10/01
プロフィール] Career

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(34)ブラジャーとブルマーの始まりは?

ブラジャーはハンカチだった今日、ブラジャーといえば、ほとんどの女性にとって必需品。このブラジャーを発明し特許をとったのが、アメリカ人のマリー・フェルブ・ジャコブという女性で、1913年2月12日のことだった。 当時、胸を強調したギリシア風ドレスが流行し、それまで身につけていたコルセットが不要になった。しかし、胸をつりあげ、かたちを整える下着が必要となった。コルセットの改良型が出回ったが、女性たちの...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(33) 嫌いな人もいる(!?)ウイスキーの語源

ウイスキーは、どうしてその名がついたか? シャレ好きの親父なら、「私たちみんなが好きだから」とか答えそうだが、「好きー」は日本語だ。 ウイスキーは、ゲーリック語のウスケボーから出た言葉で、「生命の水」という意味があった。 フランスではブランディのことを「オー・ドゥ・ヴィ」とい、北欧諸国では特産の蒸留酒を「アクァヴィット」と言うが、これらも「生命の水」という意味をもっている。...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(32) タバコはタバコにあらず!?

タバコ(TABACCO)はアメリカが原産で、コロンブスのアメリカ大陸発見の旅がきっかけで、ヨーロッパにも広まったといわれる。 タバコのネーミングの由来については、アメリカの原住民が「タバコ」と呼んでいたからという説もあるが、いちばん真実に近いのは、キューバの原住民の使っていた喫煙用具を「タバコ」と呼び、ヨーロッパ人が、これをタバコの葉と勘違いして本国に伝えたためといわれている。 ちなみに、スペイン語ではT...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(31)出歯亀・ピーピングトムの語源

盗撮ブームで、いまでは死語になった感があるが、Hな興味で盗み見をする行為を「出歯亀」という。ことわっておくが、デジカメではない。「でばがめ」である。明治時代に、盗み見の好きな「池田亀太郎」という男がいて、そう呼ばれるようになった。 イギリスでは、出歯亀のことを「ピーピング・トム」という。「ピーピング」は、「のぞく」の意で、「トム」は、出歯亀同様、人名からきている。 11世紀のなかごろ、レオフリック...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(30)花札誕生のいきさつ

天文年間(1532~55年)に、貿易相手国であったポルトガルの船員が わが国へトランプを持ち込んだといわれている。 そして、天正年間(1573~92年)には、国産トランプがつくられている。「天正カルタ」とか「うんすん・カルタ」と呼ばれるもので、絵札は「ウン」と呼ばれる札が七福神、「スン」が公家や武将、「ロハイ」が竜といったように日本風で、スーツはこん棒、剣、杯、貨幣で、イタリア、ポルトガルの14世...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(29)トランプは東洋が起源

意外なことに、トランプの起源は東洋にある。これには2説あって、ひとつは中国起源説、もうひとつはインド起源説。 7世紀頃の中国に「銭札」という貨幣があった。これには、紙に数字や符号が印刷してあって、人々は、賭博の道具としても用いたという。 これを12世紀頃、イスパニア人がヨーロッパに持ち帰ったのがトランプのもととなったという。これが中国起源説である。 一方、インドには、古くから、皮や木製の円い板に動...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(28)ジャズ・レコード第1号のスィングできない事情

黒人の産んだ代表的な音楽に、ブルースとジャズがある。 ブルースは、その悲惨な暮らしや心情を表現する独特な歌曲として、アメリカの黒人たちの間で伝承されてきたもので、1914年には、黒人コルネット奏者のW・C・ハンディが「セントルイス・ブルース」を作曲し、大ヒットした。 一方、ジャズは、1900年代になって生まれたもので、ブルースに比べれば、その歴史は浅い。 ニューオーリンズの黒人やその混血(クレオー...

 概要:[プロフィール] Introduction

★B型・獅子座・一白水星☆趣味履歴……水泳、ゴルフ、テニス、スキー、サウナ、キャンプ、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞★好きな言葉……「笑う門には福来る」☆旅便り……ただいま、第2ステージをよちよち歩き・・・☆好きな詩【萩原朔太郎「純情小曲集」~旅上~】ふらんすへ行きたしと思へどもふらんすはあまりに遠しせめては新しき背広をきてきままなる旅にいでてみん。汽車が山道をゆくときみづいろの窓によりかかりてわれひとりうれしき...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(27)映画主題歌第1号

映画主題歌はトーキー時代に入ってからのものと思いがちだが、実際には、サイレント時代に、すでにあった。もちろん、スクリーンから流れるわけではない。画面に合わせて生で演奏されたり、上映前に歌手が舞台で歌ったりした。 最初の映画のための主題歌は、1918(大正7)年、メイベル・ノーマンド主演のアメリカ映画『ミッキー(Mickey)』の主題歌で、ニール・モレエが作曲し、ハリー・H・ウィリアムスが作詞したものだっ...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(26)米国人女性を虜にした邦人

アメリカ映画で大活躍した日本人がいる。三船敏郎? ノー。松田優作? ノー。早川雪洲こそ、その人である。 1889(明治22)年に千葉県で生まれた彼は、10代で単身渡米し、苦労の末、舞台俳優となった。 そして、偶然、名監督だったトマス・H・インスに見出され、映画界に転身、1914年、『台風』でスクリーンデビューし、『チート』でスターの座を揺るぎないものにした。 この作品で、彼は、自分を裏切った白人の...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(25) 未公認・初ジェット飛行

ジェット機公認第1号は、1940(昭和15)年4月27日、イタリアの「カプロニ・カンピーニN1」。最大速度330キロで、プロペラ機よりも遅かったが、これに刺激を受けて、翌年にイギリス(最大速度544キロ)、さらにその翌年にはアメリカ(最大速度665キロ)が、ジェット機の初飛行を成功させている。日本はというと、終戦もおしせまった1945(昭和20)年8月7日のことで、木更津海軍基地で行われ、高度60...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(23)国産機初飛行はいつ?

世界で最初に動力による飛行に成功したのは、アメリカのライト兄弟で、1903年12月17日のことだった。 国産機による初飛行は、それから遅れること7年あまり、1911(明治44)年5月5日のことである。 場所は、埼玉県の所沢飛行場、高度4メートル、飛行距離60メートル(速度不明)だった。製作者は、奈良原三次という海軍の技術将校で、前年の失敗を乗り越えての成功だった。ただし、エンジンは外国製だった。 ...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(22) とんでるナース!?

ひと頃ほどではないにしても、スチュワーデスといえば、女性に人気のある職業のひとつである。スチュワーデス募集を初めて行ったのは、1930(昭和5)年、アメリカのユナイテッド航空の前身ボーイング航空といわれている。このときの採用条件というのが厳しかった。まず、25歳以下であること。もうひとつは、身長162センチ以下、体重50キロ以下であること。これは、当時の飛行機が「ボーイング80A」という11人乗り...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(21) アイシャドーは古い

近頃は、OLはもちろん、小学生までアイシャドーを愛用して、おめかしに余念がない。アイシャドーの歴史は古く、今から5000年前、古代エジプト人がすでに使用していた。彼らは、クジャク石をすりつぶした青い粉をまぶたに塗っていたのだが、おめかしのためではなかった。もっと実用的な目的があったのだった。ひとつは、エジプトの強烈な陽射しをやわらげるため。もうひとつは、ハエよけのためだった。映像なんかでもよく見か...

 概要:[身辺雑記] 知っておくと便利なhtmlタグ

知っておくと便利なhtmlタグの基本的なものをまとめてみました。リンクを貼る自サイトからリンク先に移動↓<a href="リンク先アドレス">リンク先ネーム など</a>自サイト・ウインドウはそのまま。リンク先サイト・ウインドウが新たに立ち上がる↓<a href="アドレス" target="_blank">文字</a>文字の色を変える<font color="色の指定"> 色を変えた...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(21)日本人全選手が途中棄権したオリンピック大会

 近代オリンピック大会は、1894年にフランス人のクーベルタンらが提唱して、1896年に第1回めがギリシアのアテネで開催され、以後4年に1度開催されている。 日本がはじめて参加したのは、明治45(1912)年の第5回ストックホルム大会である。参加国28か国、参加選手数2541人で、当時としては大規模な大会だった。 日本からの参加選手は、陸上短距離の東京帝国大学生・三島弥彦、マラソンの東京高等師範学...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(20)ミス・コンは「ミス」ではじまった!?

昨今、日本全国、ミス・コンテストばやりで、○○娘とか、□□ガールなどが、あちこちで誕生している。なかにはミセス・コンテストもある。ミス・コンテストで、いちばん古いのは、明治17年東京下谷で開かれた「美人共選会」、続いて上野で開かれた「美人品評会」といわれている。いずれも、くわしい記録は残っておらず、人々の関心も低かった。それにしても「品評会」はひどい。これには、おとなしい明治の女性にも、ツノを出す人が...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(19)「アソコ」に御用心

ふだん、「男性器」とはあまり言わない。昨今よく使うのは、男も女も「あそこ」ではあるまいか。しかし、「あそこ」では、芸がなさすぎる。「どこ?」と問われる心配もある。といって、「おちんちん」とか「まんまん」ではかわいすぎて、生長・変化した実物を的確に言い表わしてるとは言い難い。なにか良い呼び名はないものか。賢者の知恵を列挙してみよう。たとえば、男性器なら、青大将、いちもつ、歌麿、得手吉、天狗、こね棒、...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(18)魚も性交する!

ほとんどの魚は、群れて泳ぎながら、メスは卵子を、オスは精子を放出することで自然受精させるというスタイルが多い。しかし、なかには、ステディな相手と産卵場所や巣をつくり、メスが産んだ卵子にオスが精子を浴びせて、受精させる魚もいる。サケやライギョ、トゲウオの類である。サメやエイは、オスに腹ビレの変形した把握器という突起物があって、これをメスの排泄腔に挿入して精子を送る。そして、子宮に受精卵ができると、そ...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(17)陰嚢から睾丸ならぬ胎児が出てきた!?

プロレスといえば、ハルク・ホーガン。爆笑問題の田中氏といえば、ハレタ・コーガン。この田中氏の睾丸(コーガン)がソフトボール大となったと話題になったが、ソフトボール程度で驚いてはいけない。『性の世界記録』(G・Lサイモンズ著・石渡利康訳)には、「アラビアンナイトに出てくるサマンダルという王様は、膝の下までたれた睾丸を持っていた」さらには、「ブラジルのベルマンブゴに行くと、睾丸を手押し車で運んでいる人...

 概要:[身辺雑記] 倉吉市長vs厚労相、「寄り切り」で倉吉市長の勝ち!

厚労相と倉吉市長がやりあっている。ことの発端は、厚労相の次の言葉。「銀行は信用できるが、社会保険庁は、信用できない。市町村となると、もっと信用できない」たしかに、年金に関して、あちこちの市町村で問題を起こしている。しかし、すべての市町村というわけではない。倉吉市のように誠実に対応している市町村もある。それを一括りに「市町村」と口にした厚労相のほうに非があるのは明らかだ。実に、単純な構図なのである。...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(16)古代ローマの男たちは脱毛がお好き

脱毛といえば、だいたい女性を思い浮かべるものだが、古代ローマでは、男性も、脱毛に精を出したものだった。彼らは、腕の脱毛をした。それから、胸や腹の脱毛もした。そして、脇毛も除いた。さらに股の前後まで脱毛したというから、脱帽だ。もともとは稚児に対する風習だったものが、一般成人にまで流行したものだが、特に脇の下は、体を清潔に保つ上で不可欠とされたという。脱毛の方法には、3通りあった。ひとつは、毛抜きで抜...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(15)巨チンは永遠に不滅です!

巨人が久しぶりにリーグ優勝をした。さて、巨人といえば、巨チン(!?)『生の世界記録』(G・Lサイモンズ著・石渡利康訳)によると、勃起したときの平均サイズは、西ドイツ人21・5センチ、デンマーク人20センチ、アメリカ人とスェーデン人19・5センチ、黒人19センチ、ウソかマコトかスーダンの黒人ときたら30センチもあるという。日本人は、13センチ前後といわれるから、ほんのちょっぴり負ける。でも、江戸時代の『...

 概要:[雑学(2)……話のタネ] 話のタネ(14)キスは口ほどにものをいう!?

最近の若いカップルは、街中で公然とキスを交わす。時代も変わったものだと眉をひそめる諸兄も少なくないことだろう。しかし、驚くなかれ、遠く明治20年1月の『時事新報』の社説で、わざわざ「男女は激しいときには身体をすりあわせなければ満足しないものだ。妙齢の女性が春を思うのも、自然の理性より出るもの。大いに接吻すべし」と接吻を奨励しているのである。この社説、当然、当時の欧化風潮の波にのってのものであるが、...

 概要:[身辺雑記] 幕の内に、貧乏くじに、尻ぬぐい!?

新政権が誕生すると、「○○内閣」と名づけるのがマスコミ界の慣例みたいなものだが、福田新政権は、はたして・・・識者各氏こんな名称を与えている(産経新聞記事から引用)↓ジャーナリスト・田原総一朗さん 「すべてのおかずがそろっているが、一品一品に個性がない『幕の内弁当内閣』。次の芝居(内閣)までに食べる調整・橋渡しという意味でも、幕あいに食べる弁当のよう」漫画家・やくみつるさん「漫画に描くなら、(一番の特...

 概要:[プロフィール] Career

▼履歴出版社、テーマパーク運営会社、編集プロダクション等を経て、フリーランサーの道へ→人生第2ステージ模索中★以下は、リタイア前の「本業履歴」です。[出版関連・主な取り扱い業務]◎原稿作成(write)……健康・医学、ビジネス、法律、教育ほか。◎書籍編集(edit)……ほとんどあらゆるジャンル。◎DTP……編集等のメイン業務に支障を来さない範囲において、DTPにも対応。マック版In Design使用。[実 績]◎10万部を超えるベ...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。