FUJI-ZONE

2008年04月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2008/04/19
生業雑記] 草思社、新風社を文芸社が救済?
2008/04/17
生業雑記] 旭屋書店・東京2店舗閉店へ
2008/04/16
生業雑記] 雑誌「広告批評」休刊
2008/04/11
身辺雑記] アンテナのはなし・高橋道綱のはなし
2008/04/10
生業雑記] ATOK
2008/04/02
生業雑記] 島耕作、社長になる!

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[生業雑記] 草思社、新風社を文芸社が救済?

「B型自分の説明書 」が売れている。自費出版ビジネス大手の文芸社が版元。同書も、最初は自費出版だったという。その文芸社が、民事再生法の適用を1月に申請した草思社を100%子会社にするというニュースには驚いた。社名の変更はなく、既刊書はすべて従来通り販売するという。出版活動の独自性を尊重することにも合意したという。はたまた、経営破綻した文芸社と同じ自費出版ビジネスの新風舎の事業も文芸社に一括譲渡される...

 概要:[生業雑記] 旭屋書店・東京2店舗閉店へ

 全国に40店舗近くを展開している書店大手の旭屋書店(本社大阪市)が、銀座店(東京都中央区)と水道橋店(同千代田区)を閉店することが16日までに分かった。銀座店は25日夕方で営業を終える。水道橋店は6月下旬に閉店する予定。 銀座店は、戦後間もなく創業した旭屋書店の東京第1号店として昭和40年11月にオープン。約42年の歴史に幕を下ろすことになる。 水道橋店は50年に開店した。両店舗とも都心の好立地...

 概要:[生業雑記] 雑誌「広告批評」休刊

雑誌「広告批評」(マドラ出版)が、来年4月の創刊30年の記念号で休刊することになった。79年に創刊、メディアの中で重要度を増してきた広告を様々な視点から考察してきたが、ウェブとの連携など広告の形態が多様化し、いったん役割を終えたと区切りをつける。同誌は朝日新聞の人気コラム「CM天気図」の筆者でもある天野祐吉さんが創刊、天野さんや島森路子さんらが編集長を務めた。↑asahi.comより...

 概要:[身辺雑記] アンテナのはなし・高橋道綱のはなし

■アンテナを張るとは?昨夜は、版元編集者のI氏と、打ち合わせ!?「ヒットメーカー」である、出版に対する彼の真摯にして熱い姿勢に、大いに刺激される。「情報を得るには、アンテナを張ることが大切」というが、自ら「電波」を発する、つまり主体的で能動的なるものを自ら発しないことには、これぞという情報を感知・知覚することはできない。たんにアンテナを張っているのは、いうなればクモの巣を張っているようなもので、たま...

 概要:[生業雑記] ATOK

■日本語入力日本語入力ソフトとして、ATOKを愛用しているが、しばらくバージョンアップをしていなかった。かつては、製品情報に敏感で、バージョンアップにも逐一対応していたが、使いやすさと、販売戦略としてのバージョンアップにギャップがあると感じ、気にしないことにしていた。変換が重くなるのも、いやだった。先日、ATOKで、ヤフー検索欄が設置される情報を得た。Windows対応なのだが、いちいちインターネットブラウザを立...

 概要:[生業雑記] 島耕作、社長になる!

■「島耕作」(「週刊モーニング」(講談社)連載中。弘兼憲史作)が経営トップの座に就くとのこと。同作は、昭和58年に「課長 島耕作」としてスタート。団塊世代の主人公はその後、平成4年に部長、14年に取締役、17年に常務、18年に専務に。5月下旬発売の号から「社長 島耕作」がスタートする予定とのこと。■先月は、忙しかった・・・単に、「忙しい」のは、想定内(!?)。問題は工程が、かち合うとき。こういうとき...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。