FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 生業雑記 □

新風舎、民事再生法の適用を申請

■自費出版大手の新風舎(1980年創業)が、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
負債総額約20億円。
新風舎の刊行物の9割近くが自費出版で、出版希望者が書籍の製作費用を負担し、同社がそれを流通ルートに乗せるというシステムが採用されていたという。
近年書店経営にも乗り出していたというのも、そのシステムと無縁ではないだろう。

それにしても、2006年には、出版社のなかでもトップの2788点の新刊を発刊したというから、すごい。
そのほとんどは制作費が不要。制作費のなかには人件費も当然含まれていたはずだから、本ができた時点でマイナス・ゼロ。
それが、20億の負債にまで拡大したというのは、新風社もコメントしているが、やはり「本が売れなくなった」ということか。
ただ、自費出版を書店に流通させ、その売り上げだけで利益を得るというものでもあるまい。

歯車が、どこでどう狂ってしまったのか・・・

ちなみに、なかには契約不履行で係争中のものもあるというが、出版契約締結済みの書籍が、現時点で1100点もあるという。
ふつうなら、これだけの数があれば、自費出版物を扱う製作会社として十分やっていけると思うのは早計か・・・



→ 「生業雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。