FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(2)……話のタネ □

話のタネ(80) 6月10日が「時の記念日」の理由

わが国初の時計は、天智天皇がまだ皇太子(中大兄皇子)だった671(天智10)年6月10日(陰暦4月25日)、大津の宮につくられた。

貯水槽から銅管い水を送って、受水槽にたまった水の目盛りを読む「漏刻」と呼ばれる水時計であった。
 
1日を12等分して1時ごとに鼓を打ち、1時を4等分して1刻ごとに鐘を鳴らして時間を知らせたという。
 
1920(大正9)年、6月10日が「時の記念日」となった。


→ 「雑学(2)……話のタネ」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。