FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 身辺雑記 □

ジャガイモとガンと、酒とタバコ・・・

■2002年に、スウェーデン国立食品局(NFA)が、発がん性が指摘されるアクリルアミドが、でんぷんを多く含む食品(じゃがいもや穀類など)を揚げる、蒸す、焼く、あぶるなど、高温で調理した際に高濃度で検出されたと発表した。

このとき、特にポテトチップスはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドが、WHOが飲料水の許容範囲としている濃度の500倍もの量が含まれると報告されている。

最近、英国の研究で、ジャガイモを揚げる前に水に浸すことで、アクリルアミドの形成を抑えられることが明らかになった。

研究では、揚げる前にジャガイモを洗う、30分間水に浸す、2時間水に浸すの3種類のアプローチが試みられ、それぞれ、アクリルアミドのレベルが23%、 38%、48%低減することが明らかになった。

ただし、これは軽く揚げた場合の結果であり、キツネ色になるまでしっかり揚げた場合にも同様の効果があるか否かは不明だという。

↑参照・引用ページ

■それにしても、この話、まるで知らなかった。ポテトチップスは揚げ物なので、あまり食べないほうがいいのではくらいの認識しかなかった。

ただ、でんぷんを多く含む食品(じゃがいもや穀類など)というと、米――飯はどうなのか、ということにもなる。
となると、逆に、過度に心配するのもどうかな、と・・・
なんせ飯を主食とする日本人は、世界に冠たる長寿をほこる。
要は、バランスが大切ということなのだろう。

■ともかくも、こんなことをいちいち気にしていたら、食べるものがなくなってしまう。

逆に、ジャガイモのよさは何か。よさもあるはず。そのよさが、ガンの予防に効果はないか、ということも気になる。

■メディアも、たんにセンセーショナルな面ばかりを強調するのではなく、「つかみ」である見出しは別にしても、もう少し視野を広げた情報を提供すれば、記事にに厚みが出て説得力も高まるはず。
もちろん、記事スペースの問題もあるとは思うが。



■このところ、疲れぎみ・・・ただ、忙しく、メリハリのない日が続く。
ちょっとの時間であれ、運動でもすればまたちがうのかもしれないが、こんとこ、左肩関節周囲炎・・・・

アクセントをつけるには、やっぱり、酒か・・・タバコも欠かせず・・・・

mmm・・・・ジャガイモに発ガン性?
そんなレベルのこと考えてたら、生きていけまっせん。
農薬入りとなると、また別でごわすがの。

→ 「身辺雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。