FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 身辺雑記 □

アンテナのはなし・高橋道綱のはなし

アンテナを張るとは?

昨夜は、版元編集者のI氏と、打ち合わせ!?

「ヒットメーカー」である、出版に対する彼の真摯にして熱い姿勢に、大いに刺激される。


「情報を得るには、アンテナを張ることが大切」というが、
自ら「電波」を発する、つまり主体的で能動的なるものを自ら発しないことには、
これぞという情報を感知・知覚することはできない。

たんにアンテナを張っているのは、
いうなればクモの巣を張っているようなもので、
たまたま巣に落ちた情報だけに反応しているにすぎない。

I氏と打ち合わせ(!?)をしていて、そんなことを思った。

もちろん、のんきなボクは、クモの巣を張るタイプなのだった。

こりゃ、いかんわい!



高橋道綱氏、発見!

電車の中で「東京スポーツ」読んでいて、高橋道綱氏のエッセイに遭遇。

連載1回目だった。

かつて、高橋氏のかわいた文体(ボクは、そう感じていた)が好きで、著作を読みあさっていた(読みあさるほど、彼の作品は多くないけれど)時期があった。

最近、どないしてはるんやろ、と思っていたところだったので、
エッセイを見つけたときは、うれしかった。

東スポに勤める友人のすすめで、エッセイを書くことになったらしい。

酒浸り・・・高橋氏が書くと、さわやかな感じがしてしまうが、
そんな昨今であったらしい。

今後がたのしみ。













→ 「身辺雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。