FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 生業雑記 □

トイレットペーパーにホラー小説がついちまった!

作家鈴木光司氏の短編ホラー小説をプリントしたトイレットペーパーが、
販売されるという。↓


小説「リング」「らせん」で知られる作家鈴木光司氏(52)の短編ホラー小説の文章をプリントしたトイレットペーパーを、林製紙(静岡県富士市)が6月から販売する。
鈴木氏がトイレを題材に小説「ドロップ」を書き下ろし、水をイメージした青インキで印刷。
1回の使用量約80センチに合わせ、文字数は約2000字。1個210円。
同社ホームページのほか、静岡県内の書店や「道の駅」などで販売する。
鈴木氏は23日、同市で「トイレは狭い空間で、さまざまな空想が働いてしまう。怖い話にはうってつけ」と話した。
↑スポニチSuponichi Annex 2009年05月24日  より。



「きもだめし?」
それとも、
「ウンだめし?」

ウ~~ン、フン切り、つかず・・・。

→ 「生業雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。