FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 身辺雑記 □

八ツ場ダム問題に、かく思う・・・

■自民党の総裁選は、ひどい・・・。
どの候補も、まるで時代が見えていない。
なぜ、総選挙で惨敗したかも、まるでわかってない。

テレビで、民主党と自民党の議員のやりとりを目にする。
発想の次元が違うために、まるでかみ合わない。

ホント、自分党マンモス・・・これじゃ、のれないピー!




■八ツ場ダム、つくっても、役に立ちそうもないのなら、
中止にすべきに決まっている。

カネの話が俎上にのぼっている。
しかし、
いままでいくらかかったとか、
今後いくらかかるとか、
中止にすればいくらかかるとか、
そんなの、二次的三次的な問題にすぎない。


──ダム推進の論理は・・・
原爆開発をしてきたが、今後必要とは思えない。
しかし、これまで多額の研究費をかけてきたっぺ。
もったいないから、研究は続けるべ。
世間の目が冷めないうちに、投下実験もしとくべよ。
広島、長崎への原爆投下と同じ図式といえば、言い過ぎか・・・。




■40年間、行政の壁に立ち向かってきた住民。
やっと40年間の闘争に理解を示す政権が登場したのに、
敵視する不条理・・・思い出すのは、ストックホルム症候群・・・。

かたや、40年間、住民の声を無視し続けた行政が、
「住民の声を聞け」と主張する、あいもかわらぬスットボケ症候群・・・。

住民の方を、気の毒だと思う。
しかし、あの40年間に思いを馳せていただきたい。

もったいないのは、工事費ではない。
もったいないのは、自民党議員・官僚の合わせワザで、
日本の里山が消失するということだ。

たとえば、画一的な河川工事で、
どれだけ日本の宝が葬られたことだろう・・・。
あの魚、あの植物、・・・むむ、ホタル・・・・。

八ツ場ダム問題は、
公共工事に名を借りた環境破壊のベクトルを
今後も維持するか否かの選択を、
ボクらに突きつけている。

ダムで、心は癒されない。
川面のきらめき、草いきれ、カエルの大合唱。
ケーンケーンとキジが鳴けば、ホーウホーウと山バトが応える。
それに何より、
ツバメのフン、スズメのフン、モグラのフン、ミミズのフン。
フン刻みで里山を堪能できればこそ、
温泉も生きる。

ボクは、その考えをオシオ・・・mmm





















→ 「身辺雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。