FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 生業雑記 □

手帳に関するメモ

■本屋さん、文房具屋さんに行くと、
来年用の手帳がズラリと並ぶ。

何十年も手帳を買い続けているが、
満足できる手帳に出合ったことがない。


著名人の考案した手帳が出回っているが、
ボクには、とてもじゃないが、使いこなせそうにもない。


使いこなせない手帳を買って、
あまりにも多くの余白ページを残すのは、
ビュッフェスタイルのレストランで、
皿に盛った料理を残すようで、
心持ちがわるい。



■今年(来年)は、考え方をチェンジしようと・・・・。
これまで、1冊の手帳にすべてを書き込もうとしてきたが、
それはやめようと・・・。

メイン手帳は、月間予定が、一目でわかるページがそなわり、
そこをフォローするページがそなわっているもの。
それ以外のスペースはいらない(ないもの)。


そのほかに、これまでは、手帳(といっても、サイズは大きい)に、
版元などとの打ち合わせ事項もメモしていたが、
それは別途ノートを用意する。

さまざまな思考やアイデアをメモする「設計図ノート」をつくる。

もうひとつ、どこでも手軽にメモできる、たとえば本屋さんで、
ちょっとメモしたいときに対応できるようなポケットメモ帳をつくる。


──と考えているのだが・・・



■手帳(個人的メモ・ノート)は、
それこそ、究極のパーソナル・ツール。

たとえば、名刺屋さんが、名刺をつくるように、
こんなレイアウトの手帳をつくってほしいという依頼に
安価でこたえるような仕組み・ビジネスが登場しないものか。

製本に相当する基本部分は、同一でかまわないのだが・・・。












→ 「生業雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。