FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 生業雑記 □

『ロスト・シンボル』の謎~フリーメーソンの正体!

ロスト・シンボル(The Lost Symbol)』(角川書店刊)が売れている。
米国作家ダン・ブラウンの『天使と悪魔』(2000年)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2003年)に続くロバート・ラングドン教授シリーズの第三弾で、映画化も決定している。


ただ、問題が1つある。

前作の『ダ・ヴィンチ・コード』のときもいわれたことだが、難解ということ。


ストーリーの背景にあるものをきっちりつかんでおかないと、
「????」を頭に蓄積しながら、
ストーリー展開にひきずられていくことになる。


では、『ロスト・シンボル』を読みすすめる上で、
あらかじめ知っておくべきこととは、いったい何か?


それはズバリ! フリーメーソン


フリーメーソンが世界最大の秘密結社であることはよく知られている。

しかし、その誕生~発展の歴史、しくみ、奥義、
さらには一体何を目的としているかとなると、
ほとんど知られていない。

フリーメーソンについての基礎知識もないまま、
『ロスト・シンボル』を読み進めていくのは、
それこそ、
真っ暗闇の洞窟を、
1本のローソクすら持つことなく、
這いずり回るようなもの。

『ロスト・シンボル』の世界を満喫することは、ちょっとむずかしい

そこで、おすすめしたいのが、次の1冊!



『ロスト・シンボルの謎』~フリーメーソンの正体



暗号小説の第一人者・中見利男氏が、
フリーメーソンについてわかりやすく解説し、
みごとにその正体を暴いている。


さらに、中見氏は、フリーメーソンを通して「文明論」にも
鋭く迫っている。

『ロスト・シンボル』ファンのみならず、
歴史・文明論に興味を抱く読者にも、一読をおすすめしたい。



「ロスト・シンボル」の謎 フリーメーソンの正体「ロスト・シンボル」の謎 フリーメーソンの正体
(2010/03/10)
中見 利男

商品詳細を見る


→ 「生業雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。