FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 旬の時事情報 □

「ノーベル平和賞」

■asahi.comより
(http://www.asahi.com/international/update/1210/TKY201012100570.html?ref=any)


ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎であり、今年の受賞者で獄中の中国人民主化活動家、劉暁波(リウ・シアオポー)氏(54)が「言論を理由にした投獄の犠牲者は私を最後にして欲しい」と訴えていた文章が朗読された。中国政府が劉氏の家族を軟禁状態におき、賞を受け取る代理人もいない異例の式典となった。

 劉氏は、中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由を求めた「08憲章」を起草したことから、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の実刑判決が今年2月に確定し、服役中。妻の劉霞(リウ・シア)さんも自宅軟禁が続いている。

 式典会場には、劉氏の巨大な写真と空席の受賞者席が設けられた。ノルウェーの女優リブ・ウルマンさんが、劉氏が昨年12月、自らの裁判審理で読み上げるために書いた「私には敵はいない」と題した陳述文を代読した。

 「6月4日(天安門事件)の犠牲者の魂はまだ慰められていない」と、基本的人権が制限された中国の現状に憂慮を表明。「国民誰もが平等に扱われ、恐れることなく政治的な意見を表明できる国になる日を望む」と結んだ。

 受取人がいない授賞式は、1935年、ナチス治世下で獄中にあったドイツの平和運動家オシエツキー氏(授賞式は36年)以来、74年ぶり。

ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長は
「劉氏が獄中にあり家族も賞を受け取れない現実こそが、この賞が必要なことを示している」
と述べた。



■ 読売新聞(2010年12月10日21時34分)より


北京では10日夜、ノーベル平和賞授賞式が始まる直前になって、NHKの海外放送や米CNN、英BBCなど、外国テレビ局の放送が突然中断され、テレビの画面が真っ暗になった。

中国当局が、授賞式の模様が国内に流れるのを防ごうとしたとみられる。







■「おごる平家は久しからず」という言葉を思い出します……。



■ヤーグラン委員長の言葉は重いですね。


ただ、去年の平和賞があまりにもお粗末だったので、今年は、ちょっとリキを入れたのでしょうか・・・。

それにしても、広島や長崎の被爆の伝導者が、一向に平和賞を受賞しないのは、アメリカに遠慮してるからでしょうかねえ・・・。
















→ 「旬の時事情報」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。