FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 生業雑記 □

電子書籍の販売数が紙の本を上回る 米アマゾン

2011.05.20 Fri posted at: 13:33 JST


(CNN) インターネット小売り大手アマゾン・ドット・コムは19日、4月以降の電子書籍の販売部数が紙の本(ハードカバーとペーパーバックを合わせた数)を上回ったと発表した。

アマゾンが電子書籍リーダー「キンドル」の発売を開始したのはわずか3年半前。

アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、「顧客は紙の本よりもキンドル向けの本を多く選ぶようになった。いつかこうした時代が来ることを期待してはいたが、これほど短期間でとは想像もしていなかった」と述べた。

2007年11月にキンドルの販売が開始され、2010年7月にはキンドル向け書籍の売り上げはハードカバーを上回り、半年後にはペーパーバックをも上回った。

ただし他のインターネット通販サイトや一般書店での売り上げを合わせると、書籍の販売総数に電子書籍が占める割合はまだ小さい。それでも一部のアナリストは1~2年のうちに20%に達すると見ている。

電子書籍の売り上げ増は不況にあえぐ出版業界にとって唯一の明るい材料だ。アメリカ出版社協会によれば、3月の電子書籍の売上高は前年同月比で145.7%増加した。この間、大人向けハードカバーの売り上げは6%、ペーパーバックに至っては1.2%しか増えていない。

アマゾンはキンドルの値下げを繰り返しており、今では最も安いモデルが139ドル(画面に広告を出すタイプなら114ドル)だ。今年に入ってこれまでに売れたキンドルの台数は、前の年の同じ時期の3倍以上だという。


→ 「生業雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。