FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(2)……話のタネ □

話のタネ(10)生理の血のヒ・ミ・ツ

子どもが転んで出血したら、赤チンを塗っておけば、じき治るというのが、一昔前の親の口癖であった。

ところで、女性には、生理といって、不順な人を除けば、だいたい毎月定期的に出血するメカニズムがある。

妊娠しないからといって、相手の女性が生理だと知るとオオカミと化す男性がいるが、大量出血などを起こすこともあり、女性の身体を考えれば、射殺されてしかるべきである。

赤チンで済ますわけにはいかん。

さて、この生理――メンスともいう。

英語ではメンストゥルエーション(menstruation)といい、ラテン語のメンストゥルアチオ(menstruatio)からきている。

ラテン語では月(天体の月ではなく、時の区分をあらわす月)をメンジス(mensis)といい、これはギリシャ語のメン(men)が語源になっている。

ふつう出血した血液は、凝固するものだが、生理の血液は固まらない。

充血層、肥厚膜の剥離を促し、受精卵を迎える用意をするために、血液の凝固を防ぐ特別な酵素が分泌されるためである。

最初の月経のことを初潮というが、これは月経が潮の満ち引きと関係があるという謝った考えに基づき命名されたもので、今日まで誤ったままその名称が用いられている。

ちなみに、潮といえば、「潮吹き」が思い出される。

この学名たるや色気のないことこのうえない。

いわく「極致放尿症」。

集中豪雨じゃないんだから。

AV女優に潮を吹かせるので有名なAV男優の弁を借りれば、膣口から10センチ当たり奥の壁面を指先でやさしくこすると噴出するそうだが、そんなこと仕事でもないかぎり、やってられるはずがない。

額から塩が吹き出るのが関の山というもの。



→ 「雑学(2)……話のタネ」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。