FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(1)……英米小史 □

イギリス小史(1)

イギリスの正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」という。イギリスは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドが連合することで成り立っている。
だから、イギリス=イングランドではない。
たとえば、イギリス人全体をさすよう場合は、「ブリティッシュ」というのが正しい。

1 ケルト人の定住

ブリテン諸島で発見されている最古の人類の化石(旧人類)は、今から約25~20万年前のもので旧石器時代に属し、大陸とも地続きで、地球表面の大半が氷河におおわれていたころのものである。

その後、大陸からさまざまな人類が移り住み、新石器、青銅器などの技術や大陸の文化を伝えた。また、そのころには、気温も上がり、海面が上昇して、ほぼ現在の地形ができあがっていた。

前8~7世紀ころから、ドイツ南部を故郷とするケルト人が、ヨーロッパ中に移動していった。ブリテン諸島もその例外ではなく、前7世紀ころから、鉄器をたずさえて渡来し、先住民を制圧し住みついていった。

そして、前1世紀ころには、今日のイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドを支配した。

2 300年以上も続いたローマ帝国支配

紀元43年、第4代ローマ皇帝クラウディウスが、大軍を率いてブリテンに攻め込んでき、1世紀末までには島の大半がローマ軍の手に落ちた。

今にのこる「チェスター」や「カスター」といった地名の語尾は、ラテン語の「軍団所在地」に由来するもので、ローマ軍の軍団が駐屯していた名残である。

ローマ帝国によるブリテン支配は350年にも及んだ。

(続く)


→ 「雑学(1)……英米小史」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2007/08/27
Thema:雑記
Janre:その他

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。