FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(2)……話のタネ □

話のタネ(13)世界初の全身麻酔手術を行なったのは日本人

世界初の全身麻酔手術を行ったのは、日本人だ。

1805(文政2)年10月13日、紀州の医師、華岡青洲が、全身麻酔による乳ガン摘出手術を行ったのが最初だ。

青洲の発明した「通仙散」という、朝鮮アサガオをベースにした麻酔剤を使用しての手術であったが、手術中、患者は痛みをまったく感じなかったという。

もっとも、麻酔剤の研究過程で実験台となった妻の加恵は失明してしまった。

西洋での全身麻酔手術は、1846年、アメリカのマサチューセッツ州立病院で、W・モートンという医者が、患者の首にできた腫瘍の切除手術を行ったのが最初である。

→ 「雑学(2)……話のタネ」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。