FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 身辺雑記 □

幕の内に、貧乏くじに、尻ぬぐい!?

新政権が誕生すると、「○○内閣」と名づけるのがマスコミ界の慣例みたいなものだが、
福田新政権は、はたして・・・

識者各氏こんな名称を与えている(産経新聞記事から引用)↓


ジャーナリスト・田原総一朗さん
 「すべてのおかずがそろっているが、一品一品に個性がない『幕の内弁当内閣』。次の芝居(内閣)までに食べる調整・橋渡しという意味でも、幕あいに食べる弁当のよう」


漫画家・やくみつるさん
「漫画に描くなら、(一番の特徴の)皮肉をかましたい福田氏が、そんなことを言えば国会運営が滞るとグッとこらえ、小沢氏と現実的な話し合いをしようとしている様子が浮かぶ。親分貧乏くじ内閣」


経済ジャーナリストの荻原博子さん
「小泉氏が生んだ格差と安倍氏の政権投げ出し、それに小泉氏が壊した派閥の修復という3つの尻ぬぐいをしていかなければならないから、尻ぬぐい内閣」


政治評論家の浅川博忠さん
「空転した臨時国会を、徹底した守りの姿勢で乗り切ろうという臨時国会乗り切り内閣」


プロデューサー・残間里江子さん
「小泉内閣の波瀾(はらん)万丈、安倍内閣の疾風怒濤(どとう)を経て訪れた凪(なぎ)内閣。水面下には危険があるかもしれないが、表向きは静かな海のようで、政治の動きに疲れた国民はホッとしている面があると思う」


京大名誉教授の森毅さん
「キャラクターもつやもないモノクロ内閣。政治の流れが変わり、『小泉劇場・ライオンキング』といった派手で面白い政治は終わった。国民も冷めた目で政治を見た方がいい」
      

ちなみに、ボクは、「金魚すくい内閣」。
いろいろな意味で、アミがいつまでもつかが勝負って、とこでしょうか。
いろいろな意味とは、福田氏個人や自民党の忍耐、国民の支持エトセトラ・・・。

             





→ 「身辺雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。