FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(2)……話のタネ □

話のタネ(25) 未公認・初ジェット飛行

ジェット機公認第1号は、1940(昭和15)年4月27日、イタリアの「カプロニ・カンピーニN1」。

最大速度330キロで、プロペラ機よりも遅かったが、これに刺激を受けて、翌年にイギリス(最大速度544キロ)、さらにその翌年にはアメリカ(最大速度665キロ)が、ジェット機の初飛行を成功させている。

日本はというと、終戦もおしせまった1945(昭和20)年8月7日のことで、木更津海軍基地で行われ、高度600メートル、時速315キロを記録した。
 
もっとも、日本で最初にジェット機開発の必要性を説いたのは、スイス留学から帰国した種子島時休(当時、海軍機関少佐。

日本で初めて鉄砲をつくった種子島時暁の末裔でもあった)で、昭和13年のことだった。

しかし、誰も彼の説に耳を傾けなかったのである。
 
さて、イタリアの「カプロニ・カンピーニN1」が公認世界第1号であるが、公認とくれば未公認があるもの。

未公認とはいえ、文字通り、世界で最初にジェット機をつくりだしたのは、ドイツ人のエルンスト・ハインケルという技師だった。
 
1939(昭和14)年8月24日、北ドイツのロシュトック市郊外のマリーエンエーエ飛行場で、機名「ハインケル178」、幅8・13メートル、長さ7・49メートル、重量2000キロのジェット機の試験飛行を成功させた。

最大速度は時速700キロで、後のイタリアやアメリカ、イギリスのジェット機よりも速かったのだ。
 
ただ、この素晴らしい記録も、彼の容貌がユダヤ人に似ているといって、ヒットラーが毛嫌いしたため、正式な記録として残されなかったという。

→ 「雑学(2)……話のタネ」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。