FUJI-ZONE

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑学(2)……話のタネ □

話のタネ(52) 宇宙人はいる!?

宇宙を支配する物理法則は、全宇宙に平等で普遍的なものである。

太陽とそのまわりに惑星が生まれたのは決して偶然ではなく、宇宙においてはむしろありふれた現象なのだ。
 
銀河系の中に限定しても、地球のような惑星が存在できるような惑星系は10億以上あるといわれ、そのなかで中心星から地球と同じような環境が生まれる距離にある惑星が1億個は存在するといわれている。
 
さらに、全宇宙には銀河系のような島宇宙が1000億もあるといわれていることからすれば、人類と同じような生命体、宇宙人がいても少しもおかしくはない。
 
また、太陽系が45億年前に誕生したのに対し、宇宙は150億年前に誕生したと推測される。

ということは、太陽系よりも、はるか以前に、宇宙のいずこかで地球と同じような生命をはぐくむ環境の惑星が誕生している可能性もある。

地球人よりもはるかに進んだ文明をもつ生物が存在してもなんら不思議はないのである。
 
1960年夏、アメリカの国立電波天文台は、直径28メートルのアンテナを使用し、宇宙人からの信号電波をとらえるために、3カ月にわたり観測を行っている(オズマ計画と呼ばれる)。

そのときは、なにも手がかりをつかむことはできなかったが、それ以後も、大学研究者やNASAなどを中心に宇宙人探索のための実験・観測は続けられているのだ。


→ 「雑学(2)……話のタネ」目次へ戻る
*    *    *

Information


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。